Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
全国ユニバーサルサービス連絡協議会
1.本協議会について
2.活動内容
3.ユニバーサルサービスとは?
4.HOW TO ユニバーサルサービス
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
mobile
qrcode

Archives
RSSATOM
ペースメーカー?
 先日、地下鉄で移動中に出会わせた風景です。

優先席に腰掛けて要らした中高年の男性、優先席付近で携帯電話を操作する人に、窓に貼られた「電源OFF」の表示を指差し、注意を喚起していらっしゃいました。
私が、その電車に乗り合わせていたのはおおよそ30分くらいでしたが、男性は次々と乗降する人相手に注意を繰り返し、すくなくとも5〜6人には声をかけていらしたと思います。
それだけ、優先席付近で「電源OFF」が守られず、多くの人が無造作に携帯電話を操作している現実があるという事に改めて気づかされるひとこまでした。

私は、降車後、注意を喚起していらした男性が、ペースメーカーを利用されている方?それともお医者?世直し人?などと色々思いをめぐらし、男性の勇気ある行動への敬意を感じるとともに、日頃から誰もが他者を思いやる行動を心がけることの大切さをひしひしと感じたのでありました。
posted by: 【代表】紀 薫子 | ユニバーサルサービスあれこれ | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ユニバーサルサービス接客DVD
 このたび日経VIDEO「接客・接遇に活かすユニバーサルサービス」のDVDが日本経済新聞出版社さんより発売されることになりました!

協議会は、このビデオの監修を担当させていただきました。

先日、完成した映像の試写をしてまいりました。
接客の応対など、映像でみるととってもわかりやすいですよね。

近日発売!!!です。
posted by: 【代表】紀 薫子 | ユニバーサルサービスあれこれ | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
接客・接遇のためのユニバーサルサービス基本テキスト

接客・接遇のためのユニバーサルサービス基本テキスト 9月8日に「接客・接遇のためのユニバーサルサービス基本テキスト」が日本能率協会マネジメントセンターより出版されます!
Amazonでも販売予約受付中です!!

以下、内容などご参照ください。
 


全国ユニバーサルサービス連絡協議会紀薫子


お客さまが感じるさまざまな不便を理解し、

すべてのお客さまに喜ばれる接客・接遇ができる!


視覚障害者、聴覚障害者、肢体不自由者、高齢者、妊婦、幼児、外国人など、

お客さまのタイプに応じたユニバーサルサービスの実践法をイラストでわかりやすく解説!


定価
1,575 円(本体1,500+税)


各テーマ2ページ読み切りのビジュアル構成。

イラストを満載し、

内容がひと目でやさしくわかります。


店舗・施設を題材にしたクイズ、

ケーススタディ、理解度チェックにより、

楽しみながら効果的に学習できます。


点字・手話の基本、車椅子のお客さまの

介助方法など、イラストで

わかりやすく解説しています。


1冊で十分な関連知識と

ユニバーサルサービスの基本が習得できます。

解答・解説は切り放して使える別冊です。


日本能率協会マネジメントセンター
ホームページ

最新刊をはじめ、出版物のネット販売や各種情報のご案内をしています。

http://www.jmam.co.jp/pub/

posted by: 【代表】紀 薫子 | ユニバーサルサービスあれこれ | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
熊本県UDやさまちアドバイザー
 熊本県「UDやさまちアドバイザー派遣事業」の講師に招いていただき、2月2回熊本県に行ってまいりました。
玉名観光協会さん、水俣芦北地域観光推進協議会さんにそれぞれお伺いし、ユニバーサルサービス接客研修を実施させていただきました。
熊本県には皆様よ〜くご存知の黒川温泉だけでなく、たくさんの温泉地、観光地があります。
加えて美味しい海の幸、山の幸。
私は、現地で馬刺しにひともじぐるぐる、辛子レンコンを堪能し、お土産に地元の焼酎、太平燕(タイピーエン)、いきなり団子を購入して、ご当地グルメを満喫!でした。
熊本県のご当地グルメは銀座熊本館でも購入できます。
http://www.kumamotokan.or.jp/
今回は、まだ肌寒い冬の熊本訪問でしたが、次は春・夏・秋の熊本に行ってみたいなと思っています。
posted by: 【代表】紀 薫子 | ユニバーサルサービスあれこれ | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日本外国語専門学校「バリアフリー実務」

 日本外国語専門学校国際観光科1年生のクラスで受け持たせていただきました「バリアフリー実務」の講座全11回が、2月の期末試験をもちまして修了いたしました。
この講座では座学のほかに、高齢者疑似体験、アイマスク・ガイドヘルプ体験、車椅子体験などの実技も取り入れました。
手話で自分の名前を表現できるよう手話通訳士の先生を招いた授業や視覚障害のある講師の先生の体験談なども組み込ませていただきました。

平成生れの学生さんたちは、小学校・中学校で総合学習の時間やユニバーサルデザインの授業の一環でこうした体験学習を経験してきた人たちも多かったのですが、
「小学校や中学校の体験では感じることの無かった新たな発見がありました。」との言葉を聞く事が出来ました。
これは、学生さんたちが、将来、観光産業に従事するという明確な未来像を描き、社会性を持って世の中を見る視点がはぐくまれてきた結果、今まで持ち得なかった「自分に出来る具体的な事柄」を明確に見出すことが出来た結果ではないだろうかと感じています。

グループワークで課題にした「誰にでも喜んでいただくことの出来る宿泊施設でのサービス」「より多くの人が参加したくなるツアーの企画」などには、学生さんらしい夢のあるアイデアをたくさん出していただけました。

最後に、国際観光科佐藤先生!授業運営にたくさんのサポートをいただきまして本当にありがとうございました!!!

 

posted by: 【代表】紀 薫子 | ユニバーサルサービスあれこれ | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
接遇手話
昨年秋から日本外国語専門学校、エアライン科の授業として実施いたしておりました「接遇手話初級」全10回が、先週の期末テストをもって修了いたしました。

期末テストでは、筆記のほか、手話の「表現と読み取り」の実技も実施しました。
エアライン科の学生さん達は、初級手話の習得への意欲も高く、覚えもよいので、ご指導いただきました手話通訳士の先生からお褒めの言葉をいただきました。

今回、手話を受講された学生さんたち、この春からは社会人です。
ある学生さんが期末テストの筆記に書かれた授業の感想です↓
「私は春から空港で働きます。聞こえに不便を感じているお客様がいらしたら、覚えた手話を使ったり、手話の表現がわからないときには、筆談など色々なコミュニケーション手段で積極的に関わっていこうと思います。」

社会人1年生の年、色々の事があると思いますが、頑張って!!!応援してますよ!!!
posted by: 【代表】紀 薫子 | ユニバーサルサービスあれこれ | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ユニバーサルサービス講演 in玉川大学
玉川大学 コスモス祭(大学祭)の工学部テクノフェスタ中で開催されます
「シンポジューム2009ユニバーサルデザイン」(大学8号421教室)において、
コミュニケーションや情報のユニバーサルデザイン「ユニバーサルサービス」をご紹介してまいります。
11月7日(土) 午後1時〜3時30分 
ユニバーサルサービスの講演は、午後1時40分〜2時20分(予定)
大学8号館421教室
入場無料です!!!

お近くにお住まいの方、ご興味がおありの方、是非お立ち寄りください。
posted by: 【代表】紀 薫子 | ユニバーサルサービスあれこれ | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
専門学校の講座
今月から日本外国語専門学校にて2つの講座を担当させていただいています。
ひとつはエアライン科での「手話初級」の講座。
もうひとつは国際観光科での「バリアフリー実務」の講座です。

「手話初級」の講座では手話通訳士の方に講師をしていただいてます。
(ちなみに手話通訳士とは、厚生労働大臣認可の資格で、平均合格率10%という難関の試験を突破しなければ取得することが出来ないので、2008年11月時点で全国でも2014人しかいらっしゃいません。)
学生さんたちは、授業を重ねるごとに手話を着実に覚えていってくれてます。
若くて柔軟な脳は、覚えることがホント得意なのですね。

「バリアフリー実務」では、視覚・聴覚・肢体に不自由のある方への接遇、高齢者への接遇を学生さんに学習していただくのですが、この講座ではゲストスピーカーとして障害のある人を講師に招き、お話をしていただいています。
平成生れの学生さんたちは、小中学校や高校で障害のある人との交流を授業を通して体験してきた年代で、車椅子体験やアイマスクなどの疑似体験は以前にもやったことがある人が多いです。ですからこの講座では一歩踏み込んで、障害のある人からじっくりお話を聞くことにしています。

学生さんたちが、ユニバーサルサービス・マインドを持って社会に羽ばたいていってくれることを願い講座を実施しています。
posted by: 【代表】紀 薫子 | ユニバーサルサービスあれこれ | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ヘルパー2級
私事ではありますが、、、
世田谷区社会福祉事業団主催の「訪問介護員・障害者(児)居宅介護従業員養成研修 2級課程」を受講し、無事「修了」してまいりました!!!!!
講義→演習→実習で計130時間、長かったような短かったような、、、。

ここでの新たな発見は、
介護のお仕事の基本も「ユニバーサルサービス」=「相手の立場に立って行う」ということでした。

利用者の方の「気持ち」に寄り添い、「敬意」を持って、「笑顔」で接するということは、
人と接するお仕事、サービスを提供するすべての職種に求められている姿勢なのかもしれませんね。

せっかく取得した「修了証」、有意義に活用していきたいなと思っています。
posted by: 【代表】紀 薫子 | ユニバーサルサービスあれこれ | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お買い物の風景
スーパーのレジでの光景です。
商品がたくさん入ったカゴを持ってレジの順番待ちをしている人のすぐ後ろに、商品を1点だけ持ってレジの順番待ちをしている人がいる光景を思い描いてみてください。

米国のスーパーでは、後ろの商品を1点だけ持って並んでいる人が、前に並んでいる人に「私が先にレジでの精算を済ませてもいい?」と聞いて、順番をかわってもらっている光景をよく目にしました。

文化の違いでしょうか?日本では、このような申し出をなさる人、あまりお見かけしたことがありません。

私は、最近、ある試みを始めました。
近所のスーパーで買い物をする際、後ろに並んでいる人が持っている商品が1〜2点の場合には「よろしかったらお先にどうぞ」と声をかけてみることにしているのです。
先を譲って「いえ。結構です。」と断られた経験は、今までのところ1度もありません。
それどころか、満面の笑顔と「ありがとう」の言葉を返され、なんだかすごっくいいことをしたような晴れ晴れしい気持ちにさせていただいております。

たった1点しか買う物がない時に、たくさんの買い物をする人の清算を待っている気持ちは、誰しも少なからず「イライラ」ですものね。

もちろん時間に追われている時は、先を譲る余裕がもてませんが、ちょっと時間があるときに「お先にどうぞ」をやってみるとなんだかそこに「心温まる時間」が生れますよ。

是非、お時間がおありのときに一度トライしてみてくださいね。
posted by: 【代表】紀 薫子 | ユニバーサルサービスあれこれ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |